起業家のための簡単なランディングページの作り方

起業家のための簡単なランディングページの作り方 ホーム  » 
ランディングページ作成に関する質問やお問合せは

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い見本を見つけてTTP(徹底的にパクる)

もし、あなた自身、デザインセンスが無いと思っているのなら
同業他社のデザインを参考にするのが一番です。

その場合、あなたが売りたい商品やサービスと同じものを販売していて
なおかつ、よく売れている会社のものにします。

とはいえ、丸ごとそのまま真似をすると
著作権侵害となりますので、

●色の使い方
●文字の大きさ
●見出しの見せ方
●スペースの取り方
●レイアウト

パーツそのものではなく、
このような要素を真似するようにしてみてください。

たまにこれで失敗することがあります。

デザインはデザイナーが
商品のコンセプトやターゲットを考え、
全体を通して「どうみせたいか?」を考えているので
異なるサイトから気に入った素材をあれこれ真似してしまうと
テイストの違うものを寄せ集めてしまって
結局、ダサいデザインになってしまいますので
注意してくださいね。









スポンサーサイト

文字のセンタリングは素人臭い

デザインを安定させるためについやってしまうのが
テキストの「センタリング(中央寄せ)」です。
別に「センタリング」が悪いわけじゃありません。

ダメな理由は「考えずにセンタリング」している事。


具体的な例をあげてみます。

●ヘッダーコピーをセンタリング

TexTape
http://textape.jp/

ドクモセレクション・ソーシャル系大人女子専門コーディネート
http://www.mogmog.tv/otonajoshi/

ぎゃるきゃす
http://www.galcas.asia/

これらは、ヘッダーコピーの文字量が少ないので
センタリングにすることで目立つようなデザインになっています。


●見出しをセンタリング

株式会社美美美コム
http://vivivi-campaign.com/201305/



ヘッダーコピーの文字量が多くても
文字の大小や色に変化を付けることで見やすくなる場合もあります。

グルコサミン楽楽
http://www.241241.jp/lp/eg/lp003/

ヘッダーコピー

ヘッダーコピーは最初にかける「一言」です。
ターゲットに対して「興味」を持たせなくてはいけません。

デザインのルールとしては、
読みやすく、目立ちやすい文字の大きさ、色を選ぶようにしてください。



性別、年齢、居住エリア、ライフスタイルなど
色々考えたうえで、ターゲットが好むような色である
ということも重要です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。